魚より肉を食べれば元気になれる【ぎょぎょっと健康】

基本情報を知る

アレルギー性鼻炎の症状の仕組み

woman

身体のどこからこんなひどい症状がでてくものかと、症状に悩んでおられる方なら、いちどは思われたことがあるのではないでしょうか。 これは当然、鼻からでるものですが、そのメカニズムについて意外に知られていないというのも、罹患者であれ事実というものです。アレルギー性鼻炎がどう発症するかは、鼻で呼吸をした際に、空気や酸素以外の花粉やハウスダストといった、有害な物質までも、一緒に取り込んでしまうためです。この有害な物質が鼻の粘膜に付着することで、鼻の粘膜ではアレルギー反応が引き起こされます。これにより、鼻づまりや鼻水、くしゃみといった症状がでてくるものなのです。

鼻炎の治療にはどんなものがあるか

アレルギー性鼻炎の治療では、多くの耳鼻科などのお医者さんでは、まずは薬による治療からはじめられます。医師が処方した薬が有効であるか、もしくはそうでないかの経過がみられ、有効であれば薬の処方が継続され、そうでない場合は、手術による治療を医師から勧められます。この手術というのは、「下鼻甲介焼灼術」と呼ばれるもので、多くの場合、局所麻酔麻酔による手術ですので、入院の必要はなく、手術が終われば、その日のうちに帰宅することが出来ます。どういった手術かと言えば、レーザーか高周波を用いて行われます。高周波のほうは比較的に患者の負担が少ないために、耳鼻科医の多くはこちらを推奨しています。手術は保険適用ですので、サラリーマンの方なら3割の負担で受けることが出来ます。アレルギー性鼻炎の治療はこんなところです。